SIMフリー Huawei P40 /P40 PRO ドコモ スペック 価格 発売日 格安スマホ対応

SIMフリースマホ

Huaweiというメーカーの知名度もかなり上がってきたと思います。

Huaweiは日本でも格安スマホというジャンルでは一番売れているモデルとなっています。

そんなHuaweiですが、最新モデルのPシリーズに関して紹介したいと思います。

Pシリーズというのは日本でも発売されているモデルとなっており、非常に人気の高いモデルの一つです。

Pシリーズというのは格安スマホなどでも販売されているモデルとなっております。

現行P30 PROと呼ばれる機種が販売されておりますので、そちらのスペックから紹介していきたいと思います。

P30 PROのスペック

モデル名Huawei P30 PRO
寸法158.0 mm x 73.4 mm x 8.41 mm
重さ192g
OSAndroid 9.0 Pie
画面サイズ6.47インチ
画面占有率未定
解像度2340 x 1080 19.5:9
ディスプレイOLED
プロセッサKirin980
RAM6/8GB
内蔵ストレージ128/256/512GB
microSDなし
前面カメラ3200万画素 f/2.0
背面カメラ4000万画素(メイン f/1.6)
2000万画素(広角 f/2.2)
800万画素(望遠 光学5倍 f/3.4)
ToFカメラ
10倍ハイブリッドズーム
WiFi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetoothv5.0LE
PaymentNFC
カラーバリエーションAmber Sunrise/Breathing Crystal/Pearl White/Aurora/Black
バッテリー容量4200mAh
ネットワーク VOG-L09(シングルSIM)4G FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/ 26/28/32
4G TDD LTE: Bands 34/38/39/40
3G WCDMA: Bands 1/2/5/8/4/6/19
3G TDS: Bands 34/39
2G GSM: Bands 2/3/5/8(850/900/1800/1900 MHz)
ネットワーク VOG-L29(デュアルSIM)Primary SIM card:
4G FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
4G TDD LTE: Bands 34/38/39/40
3G WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
3G TDS: Bands 34/39
2G GSM: Bands 2/3/5/8(850/900/1800/1900 MHz)
Secondary SIM card:
4G FDD LTE: Bands 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28
4G TDD LTE: Bands 34/38/39/40
3G WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
2G GSM: Bands 2/3/5/8(850/900/1800/1900 MHz)
認証センサー指紋認証(画面内蔵)/顔
その他加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー

こちらがスペックとなっております。基本的に毎回スペックの更新が行われるわけですが、スペック的にはどこが更新される可能性が高いのでしょうか。

Kirin990が採用

すでにKirin990の情報というものは出ておりますが、Kirin990というCPUはKirin980の次に発売されるものとなっています。

2020年にかけて発売されるスマホにはKirin990と呼ばれるCPUが採用される見込みです。

スペック的に見ても非常に高くなっております。

また5Gにも対応しているという情報もあり、高速通信を楽しむことが可能となります。

5Gというのは、2020年にも日本で商用運用が開催される予定となっており、日本での利用を期待している人もかなり多いかと思います。

5G対応のスマホというのは5Gサービスが開始される時にはまだそこまで多くはないと思われますが、どうせ買うなら5G対応モデルというのが非常にいいと思います。

CPUのプロセス・ルールは2世代目になる7nmとなっており、プロセス・ルールとしては2世代目となります。Kirin980が世界で初めて2世代目のプロセス・ルールのモデルを開発しました。

プロセス・ルールが細かいほうがより一層早い処理や省エネに貢献しますので、かなり楽しみですね。

RAMの容量は10GB以上に?

PROモデルであれば、RAMの容量は10GB以上になることはほぼ間違いないと思います。

既存でも8GBのRAMを搭載しているのです。それよりもRAMの容量は上がるでしょう。

5Gになれば、RAMの容量が大容量でないと通信した時に通信をダウンロードした時の器が小さいとそれだけ早く描画することが出来ません。

そういうこともあり、RAMは大容量になると思われます。

ただしP40のスタンダードモデルではそこまでRAMの容量は大きくないと思います。

それでも6GB程度のRAMの容量になるでしょうね。

RAMの容量が大きいほうがいろいろなゲームや複数のアプリを同時に立ち上げても問題が少ないため望む声も多いと思います。

大容量のRAMのモデルというのはシンプルにいいですよね。

カメラのバージョンアップはあるか

P30 PROのカメラ仕様

4000万画素(メイン f/1.6)
2000万画素(広角 f/2.2)
800万画素(望遠 光学5倍 f/3.4)
ToFカメラ
10倍ハイブリッドズーム

こちらがP30 PROのカメラの仕様となっています。

このカメラがバージョンアップすると思われます。すでに光学5倍ズームを持っており、これからさらにアップするのではないでしょうか。

カメラ性能というのは、Pシリーズに対してはかなり気にする人も多いでしょうね。

カメラは画素数アップ及び望遠のアップに期待したいところです。

またF値に関してもP30の時点ですでに1.6とかなり低めです。今後は1.5程度にまでF値は下がるのでしょうかね。F値1.5となるとかなり暗い場所での撮影というのは、相当鮮明に映るでしょうね。そもそもスマホのカメラに期待していなかった人もここまできれいな写真をとることができれば、相当期待することは間違いないと思います。

SIMフリーモデルとして日本での発売に期待したい

SIMフリーモデルとして日本での発売にはかなり期待したいですね。SIMフリーという言葉も今後日本でさらに出てくるようになると思います。

その理由はドコモも分離プランを導入したからです。ドコモが分離プランという新しいプランを導入したことにより、今後日本でもSIMフリー市場というのはさらに進化すると思います。

SIMフリーという言葉は珍しい言葉ではありませんが、SIMフリーって何?ということを求める人も多いと思います。

分離プランの導入ということにより、キャリアから発売された機種を必ず利用するということは不要なのです。

SIMはある程度縛られるようになるのかもしれませんが、スマホは縛られる必要はないのです。